自由が丘(田園調布・都立大学)で整体なら青井筋整体院。当院は自由が丘駅徒歩3分にある整体専門院です。

〒152-0035 目黒区自由が丘2-9-24自由が丘コンコード201
TEL:03-3725-6252
青井筋整体院
  自由が丘の整体HOME
院長あいさつ
スタッフ紹介
当院案内
施術料金
受付時間
初めての方へ
地図
施術内容
PNF筋整復法
患者様の声
Q&A
before-after
推薦文
オーガニックダイエット
青井整骨院
 
 
ボディケア 阿部の体験記 阿部の体験記2 体験記セミナー 黒木先生のコメントはこちら メディカルトリートメントセラピー スタッフを募集しております
青井staffのブログ
初回クーポンあり 自由が丘 整体

リンク
相互リンクご希望の方は
リンク

完全予約制 自由が丘,整体,青井筋整体院 03-3725-6252
 土曜日は混みますので
 お早めにご予約ください。
 
 自由が丘駅からの
 アクセス方法
 こちらをクリック>>



当院には東横線の自由が丘駅・田園調布駅・都立大学駅から整体を受けに多く来院されています。

このような症状を訴えられる方が多く来院されます。

腰痛・肩こり・膝痛・頭痛・生理痛・不妊症・自立神経失調・耳鳴り・ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛・分離症・狭窄症・手足のしびれ・変形性股関節症(股関節痛)・側弯症・背骨のゆがみ・ゆがみ・四十肩・五十肩・頸肩腕症候群・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)・背部痛・代謝障害・骨盤矯正・スポーツ障害・インナーマッスルのトラブル・猫背・美容矯正(O脚)・リンパの問題・外反母趾・こむら返り・捻挫、打撲による後遺症など
 

腰痛専門整体院

数10秒で痛みが簡単に取れる腰痛もあります!
腰痛と真正面から向き合ってきた当院だから結果が出せる!
いまや、慢性腰痛患者の1人当たりの施術費は年間85万円〜180万円に上るといわれるほど、腰痛を抱える方は非常に多くなっています。当院では辛い状態を早期改善させ、腰痛を予防し快適な生活が送れるよう対応致します。

腰痛には、骨盤の回転や背骨の伸展、屈曲が姿勢の変化についていけないことが原因となるケースや、膝関節や股関節などとの連携がうまくいかないケースがあります。しかし多くの場合は筋肉と骨(骨盤)とのバランスが合っていないからで、背中周りの筋肉と骨盤周囲の筋肉との連携が円滑にいく様な施術を行い腰の痛みに対応します。


慢性腰痛 ・ 腰椎椎間板ヘルニア ・ 腰椎すべり症 ・ 坐骨神経痛
梨状筋症候群 ・ 腰椎分離症 ・ ぎっくり腰  ・ 脊柱管狭窄症

脊柱起立筋や大腰筋など、屈筋群や伸筋群の連携がうまくいかないと関節の動きが次第に無くなり腰の痛みを起こします。
その後、徐々に軟骨や骨に負担がかかり椎間板の脱出や腰椎の変形が始まります。その移行していく段階で、坐骨神経痛や足のシビレなどがでやすくなります。

慢性腰痛
慢性的に腰が重い、腰が痛い状態を言います。
腰の骨は骨盤の上にあり、軽くお腹側にカーブしています。腰部、胸部、頚部でS字状にカーブしており、頭の重さを分散する為にあります。この生理的なカーブがなくなる崩れた姿勢により、骨を支える筋肉に負担がかかり緊張し、硬さや重さ、痛みを引き起こします。また、精神的ストレス内臓疾患からくるケースもあります。

<原因>
悪い姿勢や片寄った体の使い方を長時間、もしくは反復的に行うことが原因です。
・座っている時の姿勢(腰が丸い、腰が反っている、肘かけに寄りかかっている、頬付えをつくなど)
・その他の姿勢(反り腰、ヒールを履くことが多い、重い荷物を片側で持ち歩くことが多いなど)
・職業的に中腰作業やかがむことが多い・片側への反復的な動きが多い


・運動不足は直接ではありませんが、前後の筋肉バランスが崩れることで腰痛の要因となります。
・肥満もまた、直接ではありませんが上記のような原因があった上で、より体重がかかることが腰痛の要因となります。
・精神的ストレス、自律神経の失調
・内臓機能の低下


腰椎椎間板ヘルニア
ha腰椎椎間板ヘルニアとは
骨と骨の間にある椎間板の中にある髄核が後方に脱出することをヘルニアと言います。脱出した髄核が神経を圧迫することで下肢に走る坐骨神経ラインに疼痛やしびれ、感覚障害等が起きることを腰椎椎間板ヘルニアといいます。

ヘルニアによって問題が起きる神経
・坐骨神経(お尻〜足首の下肢後面)
・大腿神経(ソケイ部〜膝上までの太腿前面)


症状が進行すると
・歩行障害
・筋力低下
・長時間の立位困難
・長時間の座位困難

※40歳を過ぎると多くの方にヘルニアが起きていますが、必ずしもヘルニアの症状が出るわけではありません。
※腰椎椎間板ヘルニアは排尿・排便障害を起こすこともあり、この場合は手術を勧めるケースもあります。


腰椎すべり症
腰椎の4番5番が前方へ滑ることで、朝起き上がる時や、長時間の座位や立位が辛くなり、下肢(太腿〜足先)にしびれや冷感、感覚異常を感じるようになります。

すべり症は以下の方に多く発症します
・女性に多い
・腹直筋の筋力低下が起きている
・骨盤の傾斜の角度による腰椎の前弯(腰の反り)が大きい人


<原因>
腹直筋の緊張や殿筋の筋力低下、腹圧の低下等による骨盤の傾斜角度の変化により、腰椎を前から支える筋肉や靭帯の支持機能が低下します。
支持機能が低下することで腰椎の4番5番の骨が前方へ滑ってしまいます。
また、交通事故など強い外力が加わる事によって急性的にすべり症が起こることも、そして腰椎の分離症が進行することによって起こることもあります。
急性の場合症状は、腰部の強い痛み、腰から下に力が入らないぎっくり腰のような症状が起こります。


坐骨神経痛
ha坐骨神経とは
坐骨神経痛を伴う腰痛症は、坐骨神経そのものや、その支配筋、あるいはその支配領域(殿部〜足)で発生する痺れ、痛み、感覚異常などを合わせ持つ腰痛症と、それら諸症状が病理学的な因果関係を有する症状を云います。

【坐骨神経の経過】
腰を支える筋肉支持力が一段と低下
    ↓
お尻の筋肉(梨状筋・上下双子筋)に強いストレスが発生
    ↓
坐骨神経が圧迫を受け腰のサイドの筋肉が痛みを発する
    ↓
ときどき、根性のしびれや坐骨神経痛領域の筋や皮膚に感覚的な違和感が度々起きる
(骨棘が形成されると下肢に継続的に熱くチリチリした痺れと痛み)


坐骨神経痛を引き起こさせる病名は以下です。

椎間板ヘルニア (詳しくはこちらをクリック)

腰椎すべり症 (詳しくはこちらをクリック)

梨状筋症候群
梨状筋症候群はお尻にある梨状筋が坐骨神経を絞扼することで神経症状が誘発されます。

椎間関節症
椎関関節症は、関節にある軟骨の摩耗・消失、そして関節包(関節を覆っている袋)の緊張や肥厚します。神経が腰部で出てくる椎間孔部分が狭くなり神経を圧迫して神経症状が生じます。

ha妊娠によるホルモンバランスの崩れ
妊娠によるホルモンバランスの崩れは梨状筋に緊張を生み、坐骨神経を絞扼して痛みをつくります。

これらの原因が神経の根元を圧迫し、神経の炎症・緊張が引き起こされます。


脊柱管狭窄症
脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって腰痛、足へのシビレ等の症状を起こします。
若年層でも見られることがありますが、多くは50〜70歳代の方に多く発症します。

<特徴>
数分〜数十分の歩行により、徐々に下肢に痛みやしびれが出て、歩行が困難となります。しかし、腰を丸めて休む(椅子に座ったり、座りこむ)と痛みは引き歩行が可能になります。(間欠性跛行という)脊柱管は腰を反らせる姿勢で狭窄され、強い下肢症状を引き起こします。逆に腰を丸めたり前かがみになる事で脊柱管を広げる事が出来る為、神経が圧迫から解放され下肢症状が消失します。
※両側に神経症状が起こる場合、馬尾神経が圧迫されており、進行により排尿障害が起こります。両側に神経症状がある場合は手術を勧める場合があります。


腰椎分離症
発症原因は成長期におけるスポーツ障害にあります。成長期に筋肉の運動キャパスティを超えるような負荷運動をすることにより骨に微小な傷が発生します。長い年月をかけて徐々に進行し、偏ったオーバーワークが偏った筋群に発生し、部分的な筋肉の劣化を招き骨への直接負荷がかかり発症します。
※成長期のウェイトトレーニングや特にスクワット系のトレーニングは腰椎分離症を招き、メリットがなくデメリットを得るばかりです。成長期はいくつかのスポーツを行い、総合的に筋肉を成長させます。ある程度の段階において専門スポーツを始めることを勧めます。

分離症だけでは痛みなどの自覚症状は出ない事が多いのですが、分離した骨が不安定な状態になることで周辺の軟部組織に負担が集中して腰の痛みとして表れてきます。長時間に及ぶ立ち仕事や座り仕事での不良姿勢が原因となります。

ぎっくり腰(急性腰痛症)
欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれ突然腰の痛みを訴える辛い症状です

haギックリ腰とは
腰部の筋肉の膜に微細な傷がつき、痙攣性のつりが常時起きている状態を指します。この状態は主に急性的に起こり、まれに徐々に痛みが強くなるケースもあります。起き上がりや、靴下をはく、洗顔、立ち座り等が困難となります。

haぎっくり腰は大まかに2タイプに分かれます
腰を伸ばせない
原因:腰を前から支える大腰筋は体幹を太腿に引き寄せる働きがある為、この筋肉が痙攣を起こすと、筋肉は縮み腰を伸ばせなくなります。
腰を曲げられない
原因:腰を後ろから支える脊柱起立筋が痙攣性のつりを起こし腰が曲げられなくなります

haギックリ腰は癖になる?
ギックリ腰多くの場合1週間〜10日で改善します。ただ湿布をしたり鎮痛剤で一応の処置をしたつもりでも、そのバックグランドを改善せずに、引き金を引いてしまえば、ぎっくり腰は繰り返し起こります。また、ギックリ腰中は周りの筋肉を硬くし腰を守っていたので、ぎっくり腰後は構造的調整と周囲の筋肉の調整が必要です。


梨状筋症候群
スポーツ選手や頻繁に運転される方、お尻の打撲、妊婦の方に多くみられます。

<症状>
坐骨神経ライン(太もも後面〜足首)に起こる知覚異常や椎間板ヘルニアに似た症状がみられます

<原因>
梨状筋は股関節を支える筋肉(インナーマッスル)であることから、股関節に負担のかかる動作で坐骨神経を圧迫し坐骨神経症状を発症します。
坐骨神経は梨状筋の筋肉と筋肉の間から下肢へと伸びている為、梨状筋の影響を受けます。

スポーツ選手
スノーボードなどで梨状筋の緊張が強くなり神経を圧迫します
車の運転
長時間の座位により、座面に梨状筋が当たることで緊張が強くなり神経を圧迫します
お尻の打撲
梨状筋の打撲により坐骨神経が刺激されます
妊婦
妊娠によりホルモンの影響を大きく受ける梨状筋は緊張し、神経を圧迫します


当院では1日でも早い症状改善の為のサポートを致します!
安心して受けられる施術法が当院にはあります。
ご予約は込み合いますのでなるべく早めにお取りいただけるようおすすめ致します。

腰痛専門整体 青井筋整体院 TEL03-3725-6252
診療時間 : 9:00〜20:00(土曜日〜17:00)
休診日 : 木曜日・日曜日・祝日

整体・カイロ・マッサージ・鍼灸・接骨院・整骨院などで効果のなかった方は
当院にどうぞご連絡下さい。

当院では自由が丘・都立大学・田園調布・目黒区・世田谷区・大田区・川崎市
などから整体を受けに多くの方が来院されています。


 
 
HOME院長あいさつスタッフ紹介当院案内初めての方へ施術内容PNF筋整復法患者様の声Q&A
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-24 自由が丘コンコード201
TEL 03-3725-6252
Copyright(c) 青井筋整体院. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】